成功のポイント

成功のポイント

家づくりを成功したと感じるのは人それぞれです。
「満足した家が出来た」と感じたら成功だと思います。
そこで、家を建てた後に実感した、いくつかの事例を紹介します。

家づくり準備資金ライフブラン土地探し依頼先選び設計プランニング契約・工事中・アフター

家づくりの準備
  • 見学する時のポイント
    photo
    漠然と「家づくり」したいと考えている方が、住宅展示場や見学会に足を運んでも、何をどう見たらよいか分かりません。 住宅展示場の家であれば、「設備が良い」、「広いリビング」などに圧倒され、心を奪われるかもしれません。 また住宅展示場の家は標準品ではなく、オプション製品の素材・設備を設置している場合が多いため、同じものを建てようとすると、とても高額になります。 そのような理由から同じ家をイメージして打合せを進めていくと、予算オーバーになる方が大半です。   モデルハウスは大体70坪程度の大きさですが、これは平均的な住宅の2倍の広さです。 足を踏み入れた瞬間から、体感・イメージが狂わされます。   モデルハウスは各社の技術力、デザイン力、最近では設備(機械)をアピールしており、建て主に選択してもらうことを主眼においているため、家を建てたいと思って見に来ている人とはギャップがあります。 また、住宅展示場には一括で比較するような資料は用意されていないので、営業マンが待ち受けるモデルハウスに足を踏み入れるしかありません。 もちろん営業マンは自社がいかに優れているかを耐震データ、光熱費などのデータなどを示してアピールします。 これを数社からされたら、どこが良いかは分かりませんよね。 ...

  • ライフスタイルをイメージした
    photo
    家づくりを始める前に住んだ後の住環境をイメージし、自分たちの優先順位を考えられることをお勧めします。 風通しの良い家 ランニングコストが安く済む 快適空間(体感温度、体感湿度が良好) その土地に合わせた自然の通風を考えた間取りを提案してもらえたので、 夏は窓を開けておけば自然の風でそれほど暑さを感じずに過ごせる。 室温は大して低くないのに湿度が下がったおかげで、快適に過ごせる。   夏涼しく、冬暖かい 通気性のある断熱にこだわったため、エアコンを使用しなくても、夏の不快な湿度を感じなくて済んだ。 冬は少しの暖房器具で部屋全体が暖かくなり、ストーブの前で縮こまらなくて済んだ。 洗濯物を部屋干ししても乾くので助かる。  断熱を工夫したら室外からの音が聞こえないメリットもあった。   動線設計 近所の工務店で作成してもらったが、どうもセンスがなく、設計士にプラン作成を依頼。おかけで家事を窮屈にこなさなくて済んだ。   手作り感に富む家づくり 大工さんが家を建ててくれる場合、経験に基づいた住まいの提案を時にしてくれます。 「廊下とリビングとの間仕切りを格子にすると廊下が明るくなるし、開放感が出るよ」 「和室の収納を付けるなら、吊戸棚が狭く感じなくていいんじゃない?」 「カウンター下に棚を付けた方が、後々収納が楽になると思うよ」 なんて、提案をもらったり。 コミュニケーションをしっかりととって、大工さんの手作り感に驚かされながら一緒に家づくりが出来たときは成功と感じた、との声をいただくこともあります。  

資金・ライフプラン
  • ライフプランシミュレーションの実施
    ライフプランシミュレーションの実施
    家を建てることは人生最大の買い物の一つとよく言われます。 無理のない住宅ローンを組むために、まず最初にこれから必要な資金を見極めるためにハウスドットコムではライフプランのシミュレーションをすることをお勧めしています。 お客様より喜びの声を頂きましたのでご紹介いたします。   お客様の声A (福岡県福岡市)  ・最初妻がライフプラン相談をファイナンシャルプランナーにお願いしたいと言った時は、そんな必要はないと思っていました。今思うと将来の貯蓄額がどうなってしまうのか、具体的に数字で伝えられるのが恐かったのだと思います。 でも実際にライフプランシミュレーションを作成してもらって、マイホームの予算や頭金がどこまでなら大丈夫なのか等々、具体的に知る事ができ、それまで曖昧だった不安が解消されて、安心して家づくりに臨めました。今では相談して本当に良かったと思います。   お客様の声B (栃木県宇都宮市)  主人は50歳で退職まで残り10年であったこともあり、住宅ローンを借りる事にとても不安がありました。子どもの大学資金がかかるタイミングでもあり、30年返済を考えていたのですが、どうしても金利上昇リスクが恐くてフラット35で全期間固定金利を選択しようとしていました。その時に住まいづくりFPを工務店さんよりご紹介頂き、相談に乗ってもらいました。 住宅ローンは「良い」、「悪い」ではなく、「合う」、「合わない」で選択するといった考え方を聞いて驚きました。それまでそういった話しを聞いた事がなかったので。 私たちの場合、子どもの大学卒業後にしっかりと貯蓄をする事で、60歳の退職時に繰上げ返済が可能である事がわかり、その場合は10年固定金利が合っているとおっしゃって頂きました。 35年固定金利と比べて、10年固定金利を選択する事で、10年間の返済額が約200万も違う事も教えて頂きました。 金利が上がるのが恐いからと言って、単純に全期間固定金利を選択してしまっていたら、200万も利息を多く支払う事になっていました。工務店の方に住まいづくりFPをご紹介頂き、本当に良かったです。 ありがとうございました。

土地探し

    依頼先選び
    • 見極めたポイント
      photo
      依頼先を選ぶ上で、「何を基準にしたら良いか分からない」とご相談をいただきます。 この原因は、自分の家のイメージが出来上がっていないためであり、いくら調べても判断することは難しいと思います。まずは基準になる項目を挙げていくことが大切です。   重要なポイントは・・・ 建てたい自分の家のイメージをする 例:工法、素材、リビングで寛いでいる時のイメージ、家族団らんのイメージなど ↓ そのイメージの家を建てられそう(得意そう)な依頼先を探す この手順であれば、ホームページや雑誌などで数社に絞れると思います。 そして絞った後は、「直接話をする」、「他人から話を聞く」、「施主から話を聞く」などで評価できると思います。 体験会・見学会では、建てた人の声を聞くチャンスですので、積極的に話を聞いてみましょう。間取りや外観などの話だけではなく ・施工者とのコミュニケーションは取りやすかったか ・家づくりの過程において、住み始めた後のことを考えて提案されたかどうか などを聞くと、そのビルダーが住み始めた後のことを考えているかどうかが分かります。 建て主の生活を考えていないビルダーは、リビングの広さやキッチン、設備などの話が多くなったりします。   業者選びのポイント ...

    設計・プランニング

      契約・工事中・アフター
        イベント・セミナーはこちら
        無料メール相談はこちら
        PAGETOP

        ハウスドットコム

        NPO法人ハウスドットコム 神奈川本部

        〒252-0131
        神奈川県相模原市緑区西橋本5-3-11
        相陽建設ビル4階

        NPO法人ハウスドットコム 東京事務局

        〒103-0027
        東京都中央区日本橋1-18-14
        クローバー日本橋 9F

        0120-318-099

        03-6262-0813