A:「坪単価**万円」と注文住宅のチラシをみます。

この坪単価、全体の価格を床面積で割ることによって算出されています。

  例:坪単価=2500万円 ÷ 40坪 = 62.5万円

床面積が大きくなれば坪単価が安くなります。つまり坪面積をどこまで考えているかによって変わってきます。

坪面積を「延床面積」ではなく「施工床面積」を使う場合、「延床面積」にはベランダや小屋裏収納、玄関ポーチ等は含まれません。「施工床面積」で坪単価を算出した場合は、坪単価が安く算出されます。

また坪単価に含まれるはずの工事費が入っていない場合や、諸経費が入っていない場合など、坪単価を安く見せる方法もあります。

中にはコンセント・風呂等の生活に必要な機材・設備のほとんどがオプションとなっている場合もあるようです。

安いには安いなりの業者の知恵が入っています。「安いからいい」で決断したつもりが、「予定より高くなった」のでは意味がありません。見積・契約の中に何が入っているのかをリストアップして、打合せされることをお薦めいたします。