A:通常、住宅を建築中に建築会社が倒産すると、債権者の話し合いが決着するまで長期に渡って工事の再開は難しいです。
また、着工金もまず戻ってこないでしょうし、戻ってきてもごくわずかです。

依頼先が『住宅完成保証制度』に加入しているかを事前に確認する必要があります。
『住宅完成保証制度』とは、業者倒産などにより工事が中断した場合に、発注者の負担を最小限に抑えるため、工事の中断や引継ぎに伴い発生する増嵩工事費用や前払い金の損失の一定の限度額の範囲内で保証金をお支払いするものです。

もし、加入していない業者に依頼をしてしまい、倒産に見舞われた方はお電話ください。