太陽光発電必要か不要かはそれぞれの判断にお任せいたします。
ただし、住宅ローンに充当するつもりで太陽光発電を設置するつもりであれば、おやめいただくほうが良いと思います。電力会社への売電価格は、法律であっさりと覆る可能性もございます。

また機材が故障・破損した場合のことも考えないといけません。さらには家全体を太陽光発電で使う仕組みにしてある場合は、「機材の買換え=リフォーム」となりかねません。つまりは住宅ローンに充当するにはリスクが高すぎます。