マイホーム取得の選択肢

マイホームが欲しい! と思うあなたには大きく3つの選択肢があります。

  • 戸建てを買う
  • マンションを買う
  • 戸建てを建てる

「買う」と「建てる」では何が違うのでしょうか?

ここでまとめてみましょう。

photo家(マンション)を「買う」

いわゆる分譲(建売)住宅といわれる家を「買い」ます。

販売会社が、「住む人」を広くイメージして
一般的に受け入れられやすい間取りで建てられています。
既に仕様がほぼ決まっているため打ち合わせ等の必要がそれほどありませんので
購入までのハードルは低いと思われます。

建物と一緒に土地も所有できることもメリットの一つです。

 

家を「建てる」

一般的に「注文住宅」、「注文建築」といわれています。

photo

自らのライフスタイルにあわせた家をデザイン(設計)し、それを形にしていき、まさに「世界で一つの家」を建てることになります。

建ててくれるのはハウスメーカーや工務店になります。

ハウスメーカーで家を建てる場合は、仕様が限定されることもあり、実際のところは限られた選択肢から選ぶことになる場合もあります。

 

また工務店は、得手不得手にもよりますが、設計の自由度は高く、小さなこだわりやわがままに応えてくれることもあります。

しかし、すべてを自由に選べるということは、
それだけ、自分で考えなくてはいけないことも多くあります。

photo

壁紙の色、窓枠の種類、床の素材だけでなく、家族が幸せになる住環境までです。

家づくりの工程は非常に長いのが一般的です。

ただし、一つ一つ作り上げていくので家への愛着・愛情はひとしおでしょう。

「マイホーム」の選択肢、
これから住まいを考える方には、

家づくり=ライフスタイルを作り上げるという観点でとらえると

「家を建てる」いう選択肢も是非ご検討頂きたいなと思います。