家づくりを始める前に住んだ後の住環境をイメージし、
自分たちの優先順位を考えられることをお勧めします。

風通しの良い家

photo

  • ランニングコストが安く済む
  • 快適空間(体感温度、体感湿度が良好)

その土地に合わせた自然の通風を考えた間取りを提案してもらえたので、

夏は窓を開けておけば自然の風でそれほど暑さを感じずに過ごせる。

室温は大して低くないのに湿度が下がったおかげで、快適に過ごせる。

 

夏涼しく、冬暖かい

photo

  • 通気性のある断熱にこだわったため、エアコンを使用しなくても、夏の不快な湿度を感じなくて済んだ。
  • 冬は少しの暖房器具で部屋全体が暖かくなり、ストーブの前で縮こまらなくて済んだ。
  • 洗濯物を部屋干ししても乾くので助かる。

 断熱を工夫したら室外からの音が聞こえないメリットもあった。

 

動線設計

近所の工務店で作成してもらったが、どうもセンスがなく、設計士にプラン作成を依頼。
おかけで家事を窮屈にこなさなくて済んだ。

 

手作り感に富む家づくり

photo

大工さんが家を建ててくれる場合、経験に基づいた住まいの提案を時にしてくれます。

「廊下とリビングとの間仕切りを格子にすると廊下が明るくなるし、開放感が出るよ」

「和室の収納を付けるなら、吊戸棚が狭く感じなくていいんじゃない?」

「カウンター下に棚を付けた方が、後々収納が楽になると思うよ」

なんて、提案をもらったり。

コミュニケーションをしっかりととって、大工さんの手作り感に驚かされながら一緒に家づくりが出来たときは成功と感じた、との声をいただくこともあります。