「請負契約をしたが、○○の事情で解約したい」

理由は色々あると思います。

 

■ 強引な営業で契約してしまったため、破棄したい

■ ほかに気に入った依頼先が見つかった

■ 請負契約後にオプションを付けていったら、予算オーバーになった

契約時のトラブル

握手

契約時のトラブル

※そもそも契約後にオプションを付けていく手順が間違っています

契約までに全てを決めることが大切です。

どんなに契約を急かされても、全て納得するまでは契約をしないことです。

※契約前の見積書

見積書に「○○一式」の記載があれば、詳細を確認しましょう。

何が含まれていて、何が含まれていないのか

追加工事が発生するのか、発生するとすれば何にいくらかかるのか・・・等

 

■ プラン・間取り変更

間取り プラン決定後から建て主の気持ちが変わり、間取り・仕様などの変更をする場合、

工期が延びたり、追加で費用負担が発生する場合もありますので、必ず担当者に確認しましょう。トラブルの元になります。

 

・変更によって費用負担があるとは聞いていない

・工期が延びるとは知らなかった

・変更依頼時に営業担当者がメモを取らずにいたため、現場に変更の内容が伝わっていない

重要なことは、以下の3つです。

  • 依頼先に、しっかりと住まいのイメージを伝え、
  • 依頼先からも、より良い生活空間の提案をもらい
  • プランを決定する

この作業を契約前にしっかり行わないと、契約後に「キッチンをもっと広くした方が良かったのではないか」、「廊下が広すぎたのではないか?」など不安になり、工期や工事費用に影響が出てしまいます。