毎月の生活が 精一杯に「住宅ローンの返済だけで、毎月の生活が
精一杯になった・・・」

「子供の教育費のことを考えずに住宅ローンを
組んだので、今の生活が苦しい」

と多くの方から相談を受けます。

 

その方々が家づくりをされた際のお金に関する考え方は・・・

事前に、「資金計画」をしたから大丈夫

一番低い金利の住宅ローンを選んだから大丈夫

結果、家づくりをされて数年後に生活が苦しくなってしまいました。

それは何故でしょうか。

 

住宅ローンのことだけを考えていませんか?

将来のことを考えずに

将来のことを考えずに

将来のことを考えずに

家づくりにおいて、お金に関する不安はつきものです。

住宅ローンの返済ばかりに気を取られて「今払っている家賃」を目安にしている方も多いのではないでしょうか。

「今払っている家賃」はあくまでも「今」です。

家づくりで本当に必要なのは、「将来の生活費」、「子供の教育資金」などです。

そう考えると「今払っている家賃」は、今後も支払が可能なのか判断はできません。

もしかしたら進学すると同時に今の家賃でも苦しくなってしまうかもしれません。

photophoto

そこで「人生の資金計画」が必要になります。

これから必要になるお金を洗い出し、いつ貯金出来て、いつお金が必要になるのかを把握する必要があります。

多くの方はお金に関する不安を感じながらも、将来もお金に困らないだけの明確な根拠も持たないまま家づくりを始めてしまいます。

そして家づくりの前に、銀行からの借入可能額や返済方法だけでしか選ぶ基準を持たないことは、後々「子供の教育費」や「生活費」の心配をすることになります。

住宅ローンを返済しながらも、子供を育てていく準備、将来もゆとりある生活が出来るように考えていく必要があります。

「資金計画」によって、自身で判断できることこそが、住宅ローンでの失敗を防ぐ方法です。

 

【資金・ライフプラン】成功のポイント「ライフプランシミュレーションの実施」とは?