photo居住環境は健康への影響が大きく、暖かさや涼しさなどを満たす、住宅性能の高い住まいほど健康な居住者が多いと紹介させて頂きました。

健康な住まいづくりのポイントとしては、室内を暖かさや涼しさを保つことが重要です。

しかし家づくりの情報を集めていくと、ハウスメーカーや工務店によって、「高気密・高断熱住宅」、「健康住宅」、比較しづらくなることもあります。(比較しづらくなるから、営業マンの対応で決めてしまうことになるのかもしれません)

比較しづらくなって一番重要なことが見えなくなりがちですが、
健康でいるためには「冬は暖かく・夏は涼しく」なる家を建てることです。

その要素となるのは

  • 断熱
  • 気密
  • 換気

です。

日本の住宅メーカーごとに多様な工法・素材によって、家を暖かくすることを実現しておりますが、
その工法や素材にはそれぞれ一長一短あるようです。

①断熱

外壁に当たる太陽光の熱を室内に伝えないために「断熱材」を用います。

断熱には外断熱と内断熱という工法があります。
それぞれの特徴は・・・

長所 短所
外断熱 外断熱は建物全体を外側から断熱保温するため、
大切な柱や構造体を包みこむ。
断熱材が途切れないので熱損失が少なく気密性が高い。
従って構造体の温度は常に室内側の温度を保っている為、
結露が起きにくく、柱などが痛みにくい
建物の内部に断熱が施されていない為、調湿効果が少ない。
また、建物内部での反響音が生じる場合がある。
外装材の種類が限定されやすい。
比較的コストが高め。
内断熱 部屋の中の水分を吸ったり吐いたりする吸放湿効果が高いため、
いつも快適な湿度に保つ。
外からの騒音を抑え、部屋の中から外へ漏れる音を
和らげる防音効果がある。(断熱材の種類によって異なる)
比較的コストが安価。
施工方法も容易のため施工コストも安価。
断熱材の種類が豊富。
建物の内側に断熱が施されているため、
断熱材の間に隙間が出来やすく内部結露を起こしやすい。
柱などの構造体には施工出来ないため、その部分からの熱損失が起こりやすい。

外断熱

長所
外断熱は建物全体を外側から断熱保温するため、大切な柱や構造体を包みこむ。
断熱材が途切れないので熱損失が少なく気密性が高い。
従って構造体の温度は常に室内側の温度を保っている為、結露が起きにくく、柱などが痛みにくい。
短所
建物の内部に断熱が施されていない為、調湿効果が少ない。
また、建物内部での反響音が生じる場合がある。
外装材の種類が限定されやすい。比較的コストが高め。

内断熱

長所
部屋の中の水分を吸ったり吐いたりする吸放湿効果が高いため、いつも快適な湿度に保つ。
外からの騒音を抑え、部屋の中から外へ漏れる音を和らげる防音効果がある。(断熱材の種類によって異なる)比較的コストが安価。
施工方法も容易のため施工コストも安価。断熱材の種類が豊富。
短所
建物の内側に断熱が施されているため、
断熱材の間に隙間が出来やすく内部結露を起こしやすい。
柱などの構造体には施工出来ないため、その部分からの熱損失が起こりやすい。

それぞれ一長一短があり、どちらかに頼るのではなく、両方の長所を利用し短所を補うことが理想と考えます。

②気密・換気

なぜ住まいに気密や換気が必要なのでしょうか?
断熱性能の向上を目的にしてはいますが、
実は気密を高く(密閉する)して、換気システムの効率を向上するためです。

では何故、換気システムが必要なのでしょうか?
室内の澱みの排出、湿気を排気し結露を防ぐために行います。
冬の場合、冷えた壁の内部に室内の水蒸気が入り込み壁内結露が発生します。

check2※壁内結露とは

マイホームの内部など目に見えない壁の中で結露が発生する現象。結露が発生しても気づかないことが多く、構造体を腐らせ、建物の強度低下や寿命の低下につながります。
また、カビが繁殖し、胞子となって室内に浮遊することで、アレルギーやアトピーの原因になるといわれています。

 

check9では、室内の澱みの原因はなんでしょうか?
これは内壁などの素材から有害な化学物質が発生するからです。
この有害な化学物質は、シックハウスの原因の一つと言われています。
(この有害な化学物質は、空気より比重が重いため、小さい子供ほど影響が大きくでます)

このシックハウスの原因となる有害な化学物質を排出させるために、
換気を行い、換気効率を高めるために高気密にしているのです。

また換気を行っていても、日本の住宅の大半は壁内結露を起こしています。
この壁内結露は壁内でカビやダニの発生、躯体の腐朽をもたらします。

躯体の腐朽とはメンテナンスを要することを意味します。

このカビやダニはアレルゲンとなり、室内へ浮遊しアレルギーの原因となります。

推奨する家づくり

家を暖かくすることに色々な工法や素材を用いて実現は出来ても
健康ではない素材を用いて実現していることもあります。

これらの知識を持っておくことで、失敗しない家づくりをすることが出来ます。
ハウスドットコムではこれらの知識を持ってもらうために勉強会を開催しております。
勉強会では、工法や素材などの知識、家づくりの進め方などをご案内しております