ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカー 工務店



地域密着型なので、地元での評判を大切にする。施工、アフターともにきめ細かい対応が出来る。 家づくりの最初から最後まで同じ担当者であることが多く、意思しやすい。 構造・工法自体には特徴があるが、基本的に自由設計で、施工の制約がないため注文住宅に向いている。 広告・販促費を多くかけないため、価格が安い場合が多い。

会社の規模が大きく、社会的な信用があり安心。 住宅展示場にモデルハウスがあり、カタログなど家づくりをイメージする資料も豊富。 提携先の銀行ローン商品がある。 安定したレベルとデザイン力、企画商品のため提案も早くてわかりやすい。 資材が大量生産され品質は安定。工期も短め。アフターや保証サービスも充実。





会社規模が小さいので不安。 展示場、モデルハウスがないことが多くイメージしづらい。 住宅ローンなど資金面の提案に弱い依頼先もある。 具体的に「家族でこんな家に住みたい」イメージがないと、計画が進みづらい。進んでも面倒だと感じてしまうこともあり向いていない。

規格化された家を商品として販売しているため、設計自由度は低い。 標準プランでは、住みづらい。 オプションを追加すると、大幅に高くなってしまうこともある。 広告費・展示場維持・人件費などのコストが上乗せされるため価格は高い。 実際に施工するのは、地場の工務店(施工業者)。





完成見学会など、工務店が建てた家を見る機会があるので仕上げの丁寧さ、正確さを意識してみてみましょう。 また、施工中の現場あれば、職人さんたちの働きぶり、現場が整理整頓されているか、資材・工具を大切に扱っているかを見ることもポイント

洗練された営業マンの印象は非常に良い。 家づくりを面倒と考えている方には、ハウスメーカーがお勧め詳細プラン・オプションを決める前に契約を求めるメーカーもいるようですので、注意しましょう。

 

健康住宅

photophoto

近頃、TVCMや広告などで「健康住宅」が多く使われていますが、
ハウスドットコムが考える「健康住宅」は、身体に害のない素材を使用し、
医学的見地から見ても健康でいられる住まいを「健康住宅」と考えます。

例えば、断熱性能を良くすると、家の各部屋・廊下・浴室・トイレなどの温度差が小さくなり、血圧が安定します。
しかし、身体に有害な物質を発する素材を使っていれば、別の健康被害を受ける可能性が高くなります。
これでは「健康住宅」と言えません。

「健康住宅」と銘打つ業者はたくさんいますが、本当に健康になるのか注意する必要があります。