家を建てるのには、実は土地・建物の購入資金以外にもたくさんの諸経費がかかります。
建設業者(ハウスメーカー・工務店)からの見積書には記載されない場合もあるので、しっかり把握しておかないと後々大変なことになります。
諸経費は大きく分けて住宅ローンを借りる際にかかる諸経費と、それ以外の諸経費の2種類になります。

登記関係

※土地2,000万、建物2,000万、住宅ローン4,000万の場合

建物表示登記

・土地家屋調査士の報酬

・9万円

土地所有権移転登記/
建物所有権保存登記

・土地購入時の土地所有権移転登記または建物完成時の建物所有権保存登記に要する登録免許税と、司法書士の報酬

・土地所有権移転登記22万円
建物所有権保存登記10万円

抵当権設定登記

・ローン契約時の抵当権設定登記に要する登録免許税と、司法書士の報酬

・12万円

ローン関係

※土地2,000万、建物2,000万、住宅ローン4,000万の場合

手数料

・フラット35の場合は融資手数料、銀行の場合は事務手数料といいます

・民間ローン31,500円。
フラット80万。

保証料

・連帯保証人がいない場合に必要。公庫の場合は保証協会、銀行の場合は保証会社に支払いますが、フラット35の場合は不要です

・民間ローン80万。フラット0円

団体信用生命
保険特約料

・フラット35の場合にローン契約者の死亡等に備えて加入するのが一般的。特約料は毎年払いとなります。なお、銀行融資の場合も特約生命保険への加入が義務付けられていますが、ローン返済額に含まれる場合も多いようです

・民間ローンは金利に含まれているため、負担無し。フラット初年度143,000円。35年分総額285万

火災保険料

・ローンの担保となる住宅が火災による被害を受ける場合に備えて加入する損害保険の保険料。フラット35の場合は加入義務があり(※)、銀行融資の場合にも、通常、加入を義務付けられています。支払いは毎年払いと一時払いとがあります。なお、地震保険は任意加入です。※ただし、住宅支援機構の特約火災保険はりようできません。

・非耐火(木造)35年一括払い50万~80万
・耐火(鉄骨、鉄筋コンクリート)35年一括払い30万~70万。

つなぎ融資関係

※土地2,000万、建物2,000万、住宅ローン4,000万の場合

つなぎ融資手数料

・詳細は下記「つなぎ融資とは」を参照のこと。

・つなぎ融資手数料:40万円
分割融資手数料:0円
内部留保金手数料:0円
外部つなぎ融資会社利用手数料
:50万円

登記関係

※土地2,000万、建物2,000万、住宅ローン4,000万の場合

建物表示登記

・土地家屋調査士の報酬

・9万円
土地所有権移転登記/建物所有権保存登記

・土地購入時の土地所有権移転登記または建物完成時の建物所有権保存登記に要する登録免許税と、司法書士の報酬

・土地所有権移転登記22万円
建物所有権保存登記10万円
抵当権設定登記

・ローン契約時の抵当権設定登記に要する登録免許税と、司法書士の報酬

・12万円

ローン関係

※土地2,000万、建物2,000万、住宅ローン4,000万の場合

手数料

・フラット35の場合は融資手数料、銀行の場合は事務手数料といいます

・民間ローン31,500円。フラット80万。
保証料

・連帯保証人がいない場合に必要。公庫の場合は保証協会、銀行の場合は保証会社に支払いますが、フラット35の場合は不要です

・民間ローン80万。フラット0円
団体信用生命保険特約料

・フラット35の場合にローン契約者の死亡等に備えて加入するのが一般的。特約料は毎年払いとなります。なお、銀行融資の場合も特約生命保険への加入が義務付けられていますが、ローン返済額に含まれる場合も多いようです

・民間ローンは金利に含まれているため、負担無し。フラット初年度143,000円。35年分総額285万
火災保険料

・ローンの担保となる住宅が火災による被害を受ける場合に備えて加入する損害保険の保険料。フラット35の場合は加入義務があり(※)、銀行融資の場合にも、通常、加入を義務付けられています。支払いは毎年払いと一時払いとがあります。なお、地震保険は任意加入です。※ただし、住宅支援機構の特約火災保険はりようできません。

・非耐火(木造)35年一括払い50万~80万
・耐火(鉄骨、鉄筋コンクリート)35年一括払い30万~70万。

つなぎ融資関係

※土地2,000万、建物2,000万、住宅ローン4,000万の場合

つなぎ融資手数料

・詳細は下記「つなぎ融資とは」を参照のこと。

・つなぎ融資手数料:40万円
分割融資手数料:0円
内部留保金手数料:0円
外部つなぎ融資会社利用手数料:50万円

つなぎ融資とは

金融機関は担保なしでは多額の融資を行ないません。
住宅ローンを借りるには、まず購入する家を担保にする(抵当権を設定する)必要があります。
建売住宅やマンションなど既に建物が建っている物件を購入する場合は、引渡と同時に建物に抵当権を設定できるためつなぎ融資は必要ありません。
しかし土地を購入してからでないと建物を建てられない注文住宅の場合、
土地購入資金、着工金、中間金を「つなぎ融資」で補う必要があります。