ライフプランの必要性

ライフプランシュミレーションライフプランとは人生設計のこと マイホーム購入はもちろん、出産・子どもの進学・退職・・・など、人生にはさまざまなライフイベントがあります。あなたや家族の夢をもとに人生の設計図を思い描き、描いたライフプランを実現するためにはどのような準備が必要か一緒に考えましょう。そうすることで、どのタイミングでどれくらいのお金が必要になるのかが具体的に見えてきます。

これから人生最大の買い物(イベント)にワクワクされている方、不安を感じている方それぞれだと思います。 しかし人生最大の買い物は「家」ではありません。注文住宅を「買い物」と言っていいかは別として、現金で買う人以外は、「住宅ローン」を組むのです。2千万円の家を建てた場合、金利が発生し4千万円返済する方、5千万円返済する方それぞれです。

人生最大の買い物は「住宅ローン」

らイフプラン家づくりにはこだわりを持っていても、住宅ローンは「金利が安ければいい」「今の家賃で月々返済できるならなんでもいい」「依頼先の提携ローンでいい」と考えていると、後々後悔することになるかもしれません。

後になって「知らなかった」「営業担当者から聞いてない」では、時すでに遅しです。 せっかく安心するマイホームを建てたのに、建てたせいで家族に負担を強いることになりかねません。

さらに日本の住宅寿命は30年とも言われています。住宅ローンは35年… メンテナンスを要する住宅を建てた場合、住宅ローン返済の他に数百万円の費用が掛かるかもしれません。 家計(経済)面、建物、土地を全て含めて、しっかりと家づくりに臨む必要がご理解いただけましたでしょうか。

すべてにおいて最後に判断して決めるのは建て主ですが、金融・建築業界の動向を知り、いろいろな選択肢を持つことによって、業者任せにならずに初めて判断できるのです。

そのための 業界を知る 専門的な知識を得る という点において第三者の活用をお薦めいたします。

金利タイプ 特徴 メリット デメリット こんなときに選ぶ
固定金利型 ・全期間固定のタイプと段階金利固定のタイプがある
・金利は、最初に決めた金利がローンの期間中ずっと適用される
・返済額は固定されている
・計画的に返済できる
・金利が上昇しても返済額があがらない
・変動金利より金利が高い
・将来金利が下がっても恩恵はない
・現在の金利が低水準
・将来の金利上昇が考えられる
・将来の収入ダウンが考えられる
変動金利型 ・適用金利の上限を設けた上限金利設定型、預金残高が増えると金利が下がる預金連動型がある
・金利は年2回、プライムレートの水準に応じて変動
・返済額は5年ごとに見直される
・固定金利より当初金利が低い
・将来金利が下がれば恩恵がある
・返済額が増える場合、元の返済額の1.25倍を超えないように調整されるため、金利上昇時には未払い利息が発生するおそれがある ・将来の金利低下が期待できる
・将来の収入アップが期待できる
固定金利選択型 ・当初の一定期間(3年・5年・10年など設定できる)は固定金利、その後は固定金利から変動金利かのどちらかを選択できる
・返済額は当初の一定期間は変わらない。選択以降はその金利型に準ずる
・一般に固定金利期間が短いほど金利が低くなる
・将来金利が下がれば恩恵がある
・固定期間修了時に金利が上昇していると、急に金利が高くなることもあり、返済計画に狂いが生じることがある
・金利タイプ変更時に、手数料が生じる
・現在の金利が低水準
・将来の収入アップが期待できる
金利タイプ表

 

各金利タイプはどれも一長一短あり、これが一番いいというものではありません。
選ぶ際に一番重要なのは、ライフプランから算出した将来の貯蓄の推移をもとに、お客様に一番合った商品を選ぶということです。下のグラフをご覧下さい。

矢印

ライフプランシュミレーション例
【データ】
土地建物諸経費総額:4,500万円
頭金:500万円
住宅ローン:4,000万円

シュミレーション図

お子様の大学進学時期(Aさん50歳代時)に貯蓄残高が下がっているのが分かります。将来金利上昇があった場合、返済できなくなる可能性がありますので、この場合は金利上昇リスクの無い「35年固定金利」がライフプランに「合った」住宅ローンとなります。
共働きということもあり、10年後には貯蓄残高が住宅ローン残高を上回っています。将来金利が上昇したとしても、繰り上げ返済によってリスクを抑える事ができるので、このケースでは「10年固定金利」又は「変動金利」をお勧めいたします。

シュミレーション

矢印

このように借入額・家族構成が同じであっても、
貯蓄推移が違うと選ぶべき金利プランが変わります。
また、ライフプランをすることで家計や保険等の見直しも行え、ムダを省くことにも役立ちます。

住宅購入ライフプラン診断で、ムダのない無理の無い
将来設計を一緒に考えましょう!

一番最初の情報収集の段階からしておくことが、本来ベストです。 すでに情報収集を始めてしまっている方でも、間に合いますのでお申込みください。